.NETの命名規則ガイドライン

.NETで使用するアセンブリや名前空間、型やメンバーなどのクラスライブラリの構成要素を命名するには、パスカルケースを使用します。
 
パスカルケースを使用する場合でも、2文字の略称(IOやDBなど)は全て大文字で命名し、3文字以上の略称(XmlやHtmlなど)はパスカルケースで命名します。
 
メソッドのパラメーターやローカル変数を命名するには、キャメルケースを使用します。
 
キャメルケースの先頭が略称の場合、全て小文字で命名します(dbNameなど)。
 
※ここでの略称は「世間一般(またはプロジェクト内)で広く受け入れられている略称」を指します。個人で勝手に略称を作成するのは禁止です。
 
パスカルケースを使用するクラスライブラリの構成要素
 
クラス名
 
 
例:CustomerEntity
 
列挙型
 
 
例:ErrorLevel
 
列挙値
 
 
例:FatalError
 
イベント
 
 
例:ValueChanged
 
例外クラス
 
 
例:NullReferenceException
 
読み取り専用の静的フィールド
 
 
例:RedValue
 
Interface
 
 
例:IDisposable
 
メソッド
 
 
例:ToString
 
名前空間
 
 
例:System.Drawing
 
プロパティ
 
 
例:BackColor
 
出典

g h T
 1,967 Total Views

ADVERTISING

駅チカ!ホテル検索
全国の駅や目的地近くの宿泊施設を検索し予約することができます。最寄駅沿線からもホテルを検索できるので、アクセスのよいホテルを予約することが可能です。
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。