アセンブリとDLLの命名規則

名前空間が論理的な構成なのに対し、アセンブリやDLLは物理的な構成になります。アセンブリやDLLはプロジェクト単位に作成されることが多く、そのため名前空間が複数のアセンブリにまたがることも珍しくありません。
 
アセンブリ名の一般的な形式は以下になります。
 
 
会社名.コンポーネント名.(dll|exe)
 
ここで名前空間の一般形式を思い出してください。
 
 
会社名.(製品名|技術名)[.特徴][.サブ名前空間]
 
私はよく「特徴」をプロジェクトごとに命名し、下線の部分をアセンブリ名(「会社名.コンポーネント名」の部分)とするルールを採用しています。
 
出典

g h T
 1,672 Total Views

ADVERTISING

駅チカ!ホテル検索
全国の駅や目的地近くの宿泊施設を検索し予約することができます。最寄駅沿線からもホテルを検索できるので、アクセスのよいホテルを予約することが可能です。
  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。