タグ : Chrome

 

Chromeで複数のGoogleアカウントへ同時にログインする方法

私はブログ用のGoogleアカウントを複数持っているのですが、同じWebサービスを利用するのに、いちいちログアウトしてログインするのがとても面倒に感じていました。
 
Chromeにはマルチログイン機能があり、複数のGoogleアカウントへ同時にログインすることができます。
 
同時にログインされたGoogleアカウントは独立しており、同じWebサービスを利用する場合も、それぞれのアカウントで別々にログインされた状態を保つことができます。
 
アカウントの切り替えはとても簡単です。今回は「新しいユーザーの登録」と「ユーザーの切り替え」方法を解説します。
 

●新しいユーザーの登録

1.
Chromeトップページ右上の「≡」、ハンバーガーメニューをクリックします。
 
Chromeトップページ(ログイン済み)
 
2.
メニューが表示されますので、「設定(S)」をクリックします。
 
Chromeメニュー
 
3.
設定画面が表示されますので、ユーザー項目の「ユーザーを追加…」をクリックします。
 
設定画面
 
4.
ユーザーを追加ダイアログが表示されますので、ユーザーの名前を入力し「追加」をクリックします。
 
ユーザーを追加ダイアログ
 
5.
新しいユーザーのトップページが表示されますので、ユーザーの名前をクリックします。
 
趣味ユーザトップページ(ログイン前)
 
6.
ログインダイアログが表示されますので、「Chrome にログイン」をクリックします。
 
ログインダイアログ
 
7.
Googleアカウント(xxxxx@gmail.com)を入力し、「次へ」をクリックします。
 
Googleアカウントを追加
 
8.
Googleアカウントのパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
 
パスワードを入力
 
9.
Chromeにログイン済みと表示されますので、「OK」をクリックします。
 
Chromeにログイン済み
 

●ユーザーの切り替え

1.
Chromeトップページにて、ユーザーの名前をクリックします。
 
Chromeトップページ
 
2.
ログインダイアログが表示されますので、「ユーザーを切り替え」をクリックします。
 
Chromeログインメニュー
 
3.
ユーザー切り替えダイアログが表示されますので、切り替えたいユーザーをクリックします。
 
ユーザー切り替え
 
4.
ユーザーが切り替えられます。
 
趣味ユーザトップページ
上記例では「Googleフォト」のアカウントが、趣味ユーザーのアカウントに切り替わっております。
 

Chromeで同期する際、パスワードを設定する方法

Chromeで同期する項目を選ぶ方法では、同期する項目を最小化する方法をご紹介しましたが、今回は同期するためのパスフレーズを設定することで、さらにセキュリティを高める方法を解説します。
 
Chromeの同期項目は初期設定でGoogleアカウントのパスワードで暗号化されます。これはGoogleアカウントのパスワードさえ盗んでしまえば、すべての項目を乗っ取れることを意味しますので、パスフレーズの設定を行うことを推奨します。
 
1.
Chromeトップページ右上の「≡」、ハンバーガーメニューをクリックします。
 
Chromeトップページ(ログイン済み)
 
2.
メニューが表示されますので、「設定(S)」をクリックします。
 
Chromeメニュー
 
3.
設定画面が表示されますので、「同期の詳細設定…」をクリックします。
 
Chrome設定画面
 
4.
同期の詳細設定ダイアログが表示されますので、「同期パスフレーズで同期データをすべて暗号化する」のラジオボタンをクリックします。
 
同期の詳細設定
 
5.
同期パスフレーズ入力テキストボックスが表示されますので、パスフレーズを入力します。
 
パスフレーズの入力
 
6.
パスフレーズとパスフレーズの確認を正しく入力したら、「OK」をクリックします。
 
パスフレーズ確認
 
7.
以上でパスフレーズの設定は終了です。ほかの端末からChromeにログインしたときは、トップページ右上の「≡」、ハンバーガーメニューがオレンジ色で警告表示されますので、クリックします。
 
Chromeトップページ
 
8.
メニューに「同期エラー:同期パスフレーズを更新…」が表示されますので、クリックします。
 
Chromeハンバーガーメニュー
 
9.
同期の詳細設定ダイアログが表示されますので、パスフレーズを入力し、「OK」をクリックします。
 
パスフレーズの入力
 

Chromeで同期する項目を選ぶ方法

Chromeにログインしてブックマークを同期する方法で同期をすると、ブックマークのほか記憶させたパスワードやサイトの閲覧履歴など、すべての情報が同期されます。
 
そのため使い勝手は非常に良いのですが、例えば出先で銀行のパスワードを消し忘れてしまうと、不正送金など大変なことに巻き込まれる可能性があります。
 
そこで今回は同期する項目を選択して、セキュリティのリスクを軽減する方法を解説します。
 
1.
Chromeトップページ右上の「≡」、ハンバーガーメニューをクリックします。
 
Chromeトップページ(ログイン済み)
 
2.
メニューが表示されますので、「設定(S)」をクリックします。
 
Chromeメニュー
 
3.
設定画面が表示されますので、「同期の詳細設定…」をクリックします。
 
Chrome設定画面
 
4.
同期の詳細設定ダイアログが表示されますので、「すべてを同期する」のリストボックスをクリックします。
 
同期の詳細設定(リストボックス選択)
 
5.
同期方法のリストが表示されますので、「同期するデータ タイプを選択」をクリックします。
 
同期するデータタイプを選択
 
6.
同期項目のチェックボックスが有効になりますので、同期したくない項目のチェックを外し、「OK」をクリックします。
 
同期するデータタイプ選択後
 
以上の操作で同期する項目を最小化できました。
 

Chromeからログアウトする方法

Chromeにログインしてブックマークを同期する方法では、外出先などで自分のブックマークを利用する方法をご紹介しましたが、出先で自分の設定を残しっぱなしにするのは気持ちが悪いので、同期した項目をすべて削除する方法を解説します。
 
1.
Chromeトップページ右上の「≡」、ハンバーガーメニューをクリックします。
 
Chromeトップページ(ログイン済み)
 
2.
メニューが表示されますので、「設定(S)」をクリックします。
 
Chromeメニュー
 
3.
設定画面が表示されますので、「Google アカウントを切断…」をクリックします。
 
Chrome設定
 
4.
Google アカウントを切断確認ダイアログが表示されますので、「履歴、ブックマーク、設定、このデバイスに保存されているその他の Chrome データも消去する。」をチェックし、「アカウントを切断」をクリックします。
 
Googleアカウントを切断ダイアログ
 
5.
Chromeが終了します。再度Chromeを起動すると、同期した項目がすべて削除されています。
 
Chromeトップページ(ログアウト後)
 

Chromeにログインしてブックマークを同期する方法

みなさんは家で見ていた「あのサイト」が、会社など外出先で見ることができずに、やきもきした経験はありませんか?
 
「あのサイト」に限ってググり方を忘れちゃって、どうしてもアクセスできない。。
 
Chromeを使えばいつでもどこでもブックマークを同期することができます。
 
以下にChromeにログインしてブックマークを同期する方法をまとめます。
 
1.
Chromeの右上、人のマーク(
人型
)をクリックします。
 
Chromeトップページ
 
2.
ログインダイアログが表示されますので、「Chrome にログイン」をクリックします。
 
Chromeにログイン
 
3.
Googleアカウント(xxxxx@gmail.com)を入力し、「次へ」をクリックします。
 
Googleアカウントを追加
 
4.
Googleアカウントのパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
 
Googleアカウントのパスワードを入力
 
5.
Chromeにログイン済みと表示されますので、「OK」をクリックします。
 
Chromeにログイン済み
 
6.
Chrome右上の人マークに名前が表示され、ブックマークが同期されました。
 
ブックマークマークが同期される
 
 
この状態でブックマークしたサイトの情報は、すべての端末で同期されます。
g h T
 2,731 Total Views